納税の方法と流れ|ふるさと納税を利用しよう|地域の活性化をしながら特典ゲット

ふるさと納税を利用しよう|地域の活性化をしながら特典ゲット

レディー

納税の方法と流れ

婦人

ふるさと納税を利用する人は、増えています。ふるさと納税は、2008年の代1時安倍政権時に作られた制度です。地方間の格差や、人口減少等によって減ってしまった税金収入を補うために、取り入れられた格差を無くすための新構想として、話題を集めているのです。ふるさと納税は、2000円以上の寄附を行なうと、住民税が還付、控除されます。ですが、ふるさと納税は税金がそのまま返ってくるということではなく、確定申告を行なった分の所得税分のみが返ってきます。ほとんどは、ふるさと納税を行なった翌年の住民税からの控除が行なわれます。また、2015年の税制改正によって、住民税の控除額は既存の2倍に拡大されました。さらに、1年間に5つまでの地方自治体への寄附を行なった場合、申請書を地方団体へ郵送することで確定申告が不要となりました。

ふるさと納税の流れとしては、ふるさと納税に参加している地方自治体の中から、自分が寄附を行ないたい地方自治団体を選択します。各地方団体にふるさと納税を寄付し、特典の品をもらいます。ふるさと納税で寄附を行なったら、税務署で確定申告を行ないましょう。ネット環境が整っている人は、パソコンで入力、印刷し郵送で確定申告を行なうことも可能です。そうすることで、所得税控除額が確定申告時に指定をした口座に振り込まれます。住民税は、勤務先に住民税通知から控除されます。ふるさと納税では自分も寄付した地方にも魅力がたくさん詰まった制度ということが出来ます。